人気ブログランキング |

タグ:人物 ( 59 ) タグの人気記事

清水さんちの台所

a0122143_2251914.jpg

by sunra-cloudy | 2014-12-04 22:53 | 人物

野坂昭如「生キ残レ 少年少女」

1988年に農協のテレビCMを制作した際の曲です。
作詞・歌:野坂昭如
作曲:桜井順



ウ〜ム、農協への皮肉が入ってますよね。

実際にテレビで放映された映像(のようです)。
米俵を担いでいるのは野坂昭如本人(これは本当)。
■農協CM原宿編

by sunra-cloudy | 2014-09-01 16:33 | 人物

Leon Thomas

レオン・トーマス(1937〜1999年)。
ヴォーカリストです。
ジャンルで言えば、フリー・ジャズやスピリチュアル・ジャズになります。

しかし。
ムムム〜、であります。
カウント・ベイシー・オーケストラでの映像がありました。
デビュー当時、1960年代前半ですね、共演していたそうです。

映像を視ると、最初っから、歌のうまい人だったんですね。



レオン・トーマスの共演者だと、
ファラオ・サンダース/ts、アーチー・シェップ/ts、オリヴァー・ネルソン/as
がジャズ・ファンの間で知られています。

そのなかでも外せないのは、
ファラオ・サンダースの『Izipho Zam』(1969年、StrataEast)。




アーチー・シェップとの共演は、『KUWANZA』収録の「Spoo Pee Doo」。



ファンキーな演奏ですよね。
バック・コーラスにドリス・トロイ(1937〜2004年)を入れてるのが、実に渋いです。


レオン・トーマスの歌い方は、
「ヨーデル唱法」と呼ばれることが多く、特殊唱法のように思われがちですが、
アメリカの民俗(伝統)音楽を聴くと、ヨーデル系というのか、裏声系は少なくないです。
by sunra-cloudy | 2014-08-13 18:09 | 音楽

Earl Palmer

アール・パーマー。
1924年生まれ(〜2008年)。ニューオリンズ出身のドラマーです。
セッション・ドラマーであり、
スペシャリティー・レーベルのハウス・ドラマーとして大活躍しました。
録音参加曲は数万と言われております。

スペシャリティーはニューオリンズにあったレコード会社で
1950年代のR&B、R&Rを語る際の最重要レーベルです。
ファッツ・ドミノ、リトル・リチャード、サム・クックが所属していました。

そのアール・パーマーの音源。



リトル・リチャードの映像。
ドラムはアール・パーマーですね。



それで、
いくら大活躍のアール・パーマーでも休みはあります。
あるいは、
ニューヨークでの仕事が忙しくなったのか、
アール・パーマーの代わりに、スペシャリティーでドラムを叩いていたのが
エド・ブラックウェル。

オーネット・コールマン/as、ドン・チェリー/tpとの共演が多く、
フリージャズ・ファンの間では有名なドラマーです。
マル・ウォルドロン/pやデビッド・マレイ/tsとの共演も知られてますね。
エド・ブラックウェルもニューオリンズの出身でした。

スペシャリティには
エド・ブラックウェルとアーロン・ネヴィルの共演音源が残っています。
ネヴィル・ブラザーズのアーロン・ネヴィルです。
後の2人からみると、フリージャズとR&Bで、接点がなさそうですが
ニューオリンズという土地柄ですね、接点はありました。

アーロン・ネヴィルのスペシャリティ(ベスト)盤CDには
共演音源が入ってます。
興味のある人は探してくださいね。
ネット上に音源はありませんでした。
by sunra-cloudy | 2014-08-12 17:27 | 音楽

お知らせ

ネット版CDジャーナルに、
立花秀輝さんのインタビュー記事が出てます。
ジャズのアルト・サックス奏者です。

記事のタイトルは「美しい旋律に凶暴な音」
いいタイトルですよね。
演奏スタイルが現われています。

記事中に私の写真が何枚か使われておリます。
しかし。
イキナリこの写真かっ、と爆笑したのであります。

http://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tachibana-hideki/1000000994
by sunra-cloudy | 2014-08-01 11:41 | 音楽

副島輝人さん

a0122143_17325552.jpg
a0122143_17362311.jpg

撮影:2013年6月8日、吉祥寺
by sunra-cloudy | 2014-07-18 17:39 | 人物

Charley Patton/Henry Sims

デルタ・ブルースと言えば、
まずはロバート・ジョンソンとチャーリー・パットンの名前が出てきますよね。

そのチャーリー・パットンと活動を共にし、
録音も残っているのが
ヴァイオリンのヘンリー・シムズです。

この音源は
歌とヴァイオリンがヘンリー・シムズ、
ギターがチャーリー・パットン。
ブルースのコンピレーション・アルバムに収録されたことはありますが
レアな音源です。



じつに、味わい深い演奏であります。

で、チャーリー・パットンの歌とギター。
聞こえにくいけど、ヘンリー・シムズのヴァイオリンも入ってます。



もう1曲。
チャーリー・パットンの歌とギター(と声)。


by sunra-cloudy | 2014-06-18 23:45 | 音楽

Frank Zappa/Dog Breath Variations

「ドッグ・ブレス・バリエーション」は
フランク・ザッパが1969年に発表した、
アルバム『アンクル・ミート』に収録された曲です。
オリジナルの演奏時間は1分48秒。

アルバムはザッパ名義ではなく、
マザーズ・オブ・インベンション名義です。

この映像は1992年、ドイツでのライブ。
作曲:フランク・ザッパ
指揮:ピーター・ランドル
演奏:アンサンブル・モデルン



そして、
アルバム収録のオリジナル演奏。




『アンクル・ミート』からもう1曲。
「Ian Underwood Whips It Out」
曲調が違い、激しめの演奏です。



イアン・アンダーウッドは
オーネット・コールマン/asの伝記にも名前が出てくる人で
マルチ・リード奏者です。
マリンバ、パーカッション奏者のルース・アンダーウッドと
夫婦でザッパ・バンドに参加していました。
(ルースについては、前々回の記事を見てください)
by sunra-cloudy | 2014-06-17 00:28 | 音楽

「辛亥革命100周年記念」

最近、音楽の話ばかり書いてますが、
元々は写真ブログとして始めました。

撮影の仕事をしています。
舞台写真を見るのも好きなので、
今日はネットでタヒチアン・ダンスの写真を探していたら、
凄いのに当たってしまったです。

これです。

a0122143_023413.jpg

説明しないと、わけが分からないですよね。
熊本県荒尾市に「音と光の祭典」イベントがありまして、
宮崎滔天(1871年〜1922年)の生家前で行われているそうです。
6回目のイベントが2011年で、辛亥革命から100年目の年でした。
それで「辛亥革命100周年記念事業」となりました。

なぜ、辛亥革命かと言うと、
宮崎滔天は辛亥革命の中心人物である孫文を助け、
革命を支援したのです。
だから、辛亥革命と荒尾市の間に、縁があるというのは、
分からないでもないんですけど、
はたして観光や町おこしにつながったのか、心配になります。

しかも、幕には手書きで「しんがい」のルビが……。
さらに言えば、滔天の生家前でタヒチアン・ダンス。
皮肉ではなく、意味の不在と思えるこの状況は、面白すぎます。
笑ってしまいました。

宮崎滔天は明治期の「革命浪人」ですが、浪曲師でもあります。
それも、桃中軒雲右衛門に弟子入りし、
桃中軒牛右衛門(とうちゅうけん うしえもん)の名をもっていました。
「牛右衛門」には笑ってしまいますが、「桃中軒」もなかなかです。
元は駅弁屋の屋号だそうです。
となると滔天は、「牛弁当」ってことですかね。

それはともかく、
生家の前にステージを作ったんだから、
浪曲もやってほしかったなぁ。

上の写真は、主催者である荒尾市中央公民館のサイトで見つけました。
「今年度「辛亥革命100周年」で盛り上がりをみせています」の文章も凄いです。
http://arao-kominkan.com/?p=1893

■註
上掲の写真はフラダンスを踊っているところだと思いますが
フラダンスの人たちは、タヒチアンダンスも踊ります。
その逆もあります。
ダンスのルーツがポリネシアにあるからです。
by sunra-cloudy | 2014-01-29 00:53 | 人物

Alan Lomax

アラン・ロマックス(1915〜2002年)、
アメリカおよびその周縁地域の民謡、民俗音楽の研究家です。
……なんか固苦しいな。
でも、固苦しいついでに言うと、
「民族音楽」と「民俗音楽」は違います。
興味のある方は、ネットで調べて下さいね。

ロマックスはアメリカの各地を廻り、
様々な音楽を現地録音した人です。
映像も撮ってます。
ハーバード大学の研究者であった、
父親のジョン・ロマックスと一緒に
カウボーイの唄を野外録音したのが始まりのようです。

ロマックスはアカデミックな研究者ではなく、
自分の聴きたい音楽を求めて各地を旅し、
録音だけでなく、時には自らステージに立ち歌う人でした。
小沢昭一やALロイドと同じスタンスです。
芸能好きが最高の楽しみ方をした、とも言えますね。

このところYouTubeを徘徊しておりまして、
Fife音楽はないかと検索したところ、
とんでもないヤマを見つけました。
「アラン・ロマックス・アーカイブ(AlanLomaxArchive)」です。
361本の動画が上がってました。
知らなかったです。これは大変。
(長くなるので続きは「More」)

More
by sunra-cloudy | 2014-01-22 03:00 | 人物