<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Don 'Sugar Cane' Harris

1950年台後半にデューイ・テリーと
ヴォーカル・デュオ「ドン&デューイ」でスペシャリティからデビューしました。
R&Bと言うかロックンロールと言えばいいのか、強力にシャウトします。

同じスペシャリティ所属であった、リトル・リチャードと似た感じがありますね。
ドン・シュガーケイン・ハリスはブルース・ヴァイオリンも弾きます。

ドン&デューイ



そのシュガーケイン・ハリスをバンドのゲストに呼んだのが
フランク・ザッパです。ザッパはR&Bの大ファンでした。
ジャズ・ロックの名盤『ホット・ラッツ』(1969年)で
シュガーケイン・ハリスのヴァイオリン・ソロが聴けます。




で、『ホット・ラッツ』の延長線上にあるのが、
ヨアヒム・ベーレントがプロデュースした、
『フィドラー・オン・ザ・ロック』 です。
発売はドイツのMPS、1971年。

ヴァイオリンとヴォーカルがシュガーケイン・ハリスで、
まさに本領発揮のアルバムです。
ビートルズの「エリナ・リグビー」をカバーしてます。




この時代ならではのジャズ・ロックですね。
メンバーが面白いです。
ベースのラリー・テイラーとギターのハーヴィ・マンデルは
ホワイト・ブルースバンドとして有名な、キャンド・ヒートのメンバーなのです。
3〜5分の曲を演奏していたように思われがちなバンドですが、
セッションや即興的な演奏も得意なバンドでした。
ま、キマリ過ぎてグダグダな音源も残ってますが。
[PR]
by sunra-cloudy | 2013-11-30 08:43 | 音楽

Hasaan Ibn Ali






昨日のバルド・ウィリアムズに続いて、無名のピアニストです。
発音がよく分かりません。
ハサーン・イブ・アリ、でいいのかな。

「Three-Four- vs. Six-Eight Four- Four Ways」
「Pay Not Play Not」
の2曲です。

収録アルバムは
『The Max Roach Trio, featuring The Legendary Hasaan Ibn』(Atlantic)
マックス・ローチのトリオになってますが、主役はハサーンです。
ベースはアート・デイビス。
1964年ニューヨーク録音。

ハサーンの経歴は不明です。
そして、この1枚のアルバムを残してジャズ・シーンから消えます。

More
[PR]
by sunra-cloudy | 2013-11-14 00:15 | 音楽

Valdo Williams



このところ、YouTubeネタが続いております。

しかし、再生回数が175回って…。
いくら知名度がないとはいえ、ウ〜ム。
バップとフリーの境界を疾走するジャズ・ピアノ・トリオです。

バルド・ウィリアムス/pの残したアルバムは、
1966年の、この1枚だけです。
経歴もほとんど不明。
チャーリー・パーカー/asとの共演歴がある、と何かに書いてました。

バックはレジー・ジョンソン/bとスチュー・マーティン/ds

レジー・ジョンソンは、ややマニアなジャズ・ファンには知られた存在。

スチュー・マーティンは、ジョン・サーマン/bsなどとの共演で知らるドラムとは
同姓同名の別人と言われてます。
別人説の根拠は、スチュー・マーティンが
アルバム録音時にヨーロッパで活動していたことにあるのですが
本当かなぁ。
同一人物じゃないのかなぁ…。
[PR]
by sunra-cloudy | 2013-11-13 00:03 | 音楽

Frank Zappa「G-Spot Tornado」

指揮・作曲:フランク・ザッパ
演奏・アレンジ:アンサンブル・モデルン
ダンス:ラ・ラ・ラ・ヒューマンステップス
1992年フランクフルト




コンサート全編です。


[PR]
by sunra-cloudy | 2013-11-12 03:48 | 音楽

モンタレー・ポップ・フェス

前回の記事「MC5」の続きになります。

MC5は「愛と平和」や「ヒッピー」が嫌いで、
当時の大型フェスには主演してません。
他にもそういうバンドはあったと思うのですが、
当然出ていそうで出てなかった、フランク・ザッパもその一人です。
ヒッピーやそのムーブメントを揶揄する曲まで作ってました。

ロックの大型フェスの始まりは、「サマー・オブ・ラブ」の
モンタレー・ポップ・フェスですね。
1967年です。
フェスの名前から分かるように、まだポップスとロックの区分けがなく
出演者は様々です。
ヒュー・マセケラやラビ・シャンカールのように
後に「ワールド・ミュージック」と呼ばれる人たちも出演してます。

2年後の1969年、「愛と平和の3日間」と呼ばれる、
ウッドストック・フェスが開かれます。
出演者はほとんどがロック・バンドで、
モンタレー・ポップ・フェスとは性格が違います。
そして、この1969年あたりがロックのピークで
以降、音楽ビジネスの中で変化していきます。
もちろん、すべてのロック・バンドがビジネス化したわけではありませんが。

イーグルスが1976年に発表した「ホテル・カリフォルニア」は、
歌詞に様々な意味が込められており、
「私たちは1969年以来のスピリット(魂)をここには置いていないんです」
の部分は、ロック音楽の状況を批判しているように思えます。

で、そのロックが幸せだった時代の、モンタレー・ポップ・フェス。

More
[PR]
by sunra-cloudy | 2013-11-09 23:07 | 音楽

MC5



いまや財政が破綻し治安も悪化しているデトロイトですが
かつては自動車産業の街として栄え、「モーターシティ」と呼ばれました。

そのデトロイト出身のバンドがMC5です。
ロックファンの間では、元祖パンクバンドと言われてます。

リンクは1969年デトロイトでのライブ映像。
プロモーション用に音を当てはめてるのかな…。
でも、何も言うことはありませんね。まさにロック。
決めポーズが揃っていて、意外に可愛いところもあります。

ギターは2人いて、映像がラフで分かりにくいですが、
ソリッドな音を出しているほうが、フレッド・ソニック・スミスです。
パティ・スミスの元旦那ですね。

マネージャーのジョン・シンクレアは、ホワイトパンサー党創設者の一人で、
反戦運動の活動家でした。
[PR]
by sunra-cloudy | 2013-11-08 01:42 | 音楽

モニタケーブル

a0122143_17592093.jpg

パソコンの話です。

随分と色々なタイプのパソコンを使ってきたのですが
今はノートタイプのパソコンに、外付けモニタを繋ぐ組み合わせに落ち着いてます。
外付けモニタはEIZOの24インチです。

ところがですね、
パソコンとモニタをアダプター経由でつないでるせいなのか、
ケーブルが古いせいなのか、
たまに接続が切れるのです。

一回接続が切れると、
ソフトのフローティング・パレットやブラウザの位置が変わるので
その度に調整をしていたのであります。
なんとも面倒くさい。

で、MacLab.の「相性保証付き」のケーブルを買いました。
ThuderBolt端子⇔24ピンDVI-D端子の1.8mです。
1580円。

いや、これがナカナカでした。
モニタがワンランクアップとまではいきませんが
0.5ランクくらいはアップしてます。
表示文字と色がパキッとしました。

オーディオ・ケーブルは、ケーブルの種類や品質によって音が変わります。
それと同じことがパソコン用ケーブルにも言えるのでしょうか…。
[PR]
by sunra-cloudy | 2013-11-04 18:00 | パソコン・機材

三波春夫

a0122143_2233467.jpg

8月に河内音頭の写真を撮りに行ったのですが、
その時、若い出演者の方が三波春夫の一節をさりげなく引用しており、
私は思わずニヤリとしたのであります。
(写真は、http://suncloudy.exblog.jp/18603659/)

引用したのは「俵星玄蕃」のセリフ部分でした。
歌謡浪曲の最高傑作である「俵星玄蕃」ですよ。
ヤルなあ…。

YouTubeに三波春夫の「俵星玄蕃」がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=fnX1vD0TBJU&list=RD02SyXg8qwoG7w
CD『歌謡浪曲集』収録の音源と比べると、
少しやり過ぎなところもあるけど、
これはこれで悪くないです。
テレビ放送用の演出でしょうね。

ところで、三波春夫にはシベリア抑留体験があります。
そこで大衆的な芸能について考えた、と自伝に書いてました。
日本へ帰還した時は、すっかり「赤い浪曲師」になっており、
広沢虎造に叱られたそうです。
二代目虎造、にです。

しかし、後に国民的歌手となるわけですから、
思想性は違ったけど、シベリア抑留体験が原点と言えます。

同じシベリア抑留体験をしながら、
三波春夫とは「対局」と思える存在に
詩人・石原吉郎がいます。

石原は「個の存在」にこだわり、
帰国後、その体験を詩で表現していきました。
代表作に
『サンチョ・パンサの帰郷』(詩)、
『望郷と海』(評論集)
があります。
[PR]
by sunra-cloudy | 2013-11-02 02:25 | 音楽