カテゴリ:人物( 7 )

清水さんちの台所

a0122143_2251914.jpg

[PR]
by sunra-cloudy | 2014-12-04 22:53 | 人物

野坂昭如「生キ残レ 少年少女」

1988年に農協のテレビCMを制作した際の曲です。
作詞・歌:野坂昭如
作曲:桜井順



ウ〜ム、農協への皮肉が入ってますよね。

実際にテレビで放映された映像(のようです)。
米俵を担いでいるのは野坂昭如本人(これは本当)。
■農協CM原宿編

[PR]
by sunra-cloudy | 2014-09-01 16:33 | 人物

副島輝人さん

a0122143_17325552.jpg
a0122143_17362311.jpg

撮影:2013年6月8日、吉祥寺
[PR]
by sunra-cloudy | 2014-07-18 17:39 | 人物

怪傑ハリマオ/戦前編

「連続テレビ映画」の『怪傑ハリマオ』には、戦前編があります。
と言うより、こちらが元祖です。
(戦後のハリマオ:http://suncloudy.exblog.jp/19621825/)

福岡県出身の谷豊をモデルにした映画『マライの虎』(1943年)。
谷はマレーシアに住み、「盗賊ハリマオ」と呼ばれていました。
イスラム名が「モハマッド・アリー・ビン・アブドラー」。

映画の主題歌は東海林太郎が歌いました。
YouTubeでは削除されており、
今は歌無しの映像しかありません。
歌詞が字幕で表示されます。



(以下、与太話です)

More
[PR]
by sunra-cloudy | 2014-04-19 18:47 | 人物

首里劇場

沖縄のポルノ専門映画館です。

a0122143_16345617.jpg


館主の金城さん。

a0122143_1635554.jpg


More
[PR]
by sunra-cloudy | 2014-02-12 16:42 | 人物

「辛亥革命100周年記念」

最近、音楽の話ばかり書いてますが、
元々は写真ブログとして始めました。

撮影の仕事をしています。
舞台写真を見るのも好きなので、
今日はネットでタヒチアン・ダンスの写真を探していたら、
凄いのに当たってしまったです。

これです。

a0122143_023413.jpg

説明しないと、わけが分からないですよね。
熊本県荒尾市に「音と光の祭典」イベントがありまして、
宮崎滔天(1871年〜1922年)の生家前で行われているそうです。
6回目のイベントが2011年で、辛亥革命から100年目の年でした。
それで「辛亥革命100周年記念事業」となりました。

なぜ、辛亥革命かと言うと、
宮崎滔天は辛亥革命の中心人物である孫文を助け、
革命を支援したのです。
だから、辛亥革命と荒尾市の間に、縁があるというのは、
分からないでもないんですけど、
はたして観光や町おこしにつながったのか、心配になります。

しかも、幕には手書きで「しんがい」のルビが……。
さらに言えば、滔天の生家前でタヒチアン・ダンス。
皮肉ではなく、意味の不在と思えるこの状況は、面白すぎます。
笑ってしまいました。

宮崎滔天は明治期の「革命浪人」ですが、浪曲師でもあります。
それも、桃中軒雲右衛門に弟子入りし、
桃中軒牛右衛門(とうちゅうけん うしえもん)の名をもっていました。
「牛右衛門」には笑ってしまいますが、「桃中軒」もなかなかです。
元は駅弁屋の屋号だそうです。
となると滔天は、「牛弁当」ってことですかね。

それはともかく、
生家の前にステージを作ったんだから、
浪曲もやってほしかったなぁ。

上の写真は、主催者である荒尾市中央公民館のサイトで見つけました。
「今年度「辛亥革命100周年」で盛り上がりをみせています」の文章も凄いです。
http://arao-kominkan.com/?p=1893

■註
上掲の写真はフラダンスを踊っているところだと思いますが
フラダンスの人たちは、タヒチアンダンスも踊ります。
その逆もあります。
ダンスのルーツがポリネシアにあるからです。
[PR]
by sunra-cloudy | 2014-01-29 00:53 | 人物

Alan Lomax

アラン・ロマックス(1915〜2002年)、
アメリカおよびその周縁地域の民謡、民俗音楽の研究家です。
……なんか固苦しいな。
でも、固苦しいついでに言うと、
「民族音楽」と「民俗音楽」は違います。
興味のある方は、ネットで調べて下さいね。

ロマックスはアメリカの各地を廻り、
様々な音楽を現地録音した人です。
映像も撮ってます。
ハーバード大学の研究者であった、
父親のジョン・ロマックスと一緒に
カウボーイの唄を野外録音したのが始まりのようです。

ロマックスはアカデミックな研究者ではなく、
自分の聴きたい音楽を求めて各地を旅し、
録音だけでなく、時には自らステージに立ち歌う人でした。
小沢昭一やALロイドと同じスタンスです。
芸能好きが最高の楽しみ方をした、とも言えますね。

このところYouTubeを徘徊しておりまして、
Fife音楽はないかと検索したところ、
とんでもないヤマを見つけました。
「アラン・ロマックス・アーカイブ(AlanLomaxArchive)」です。
361本の動画が上がってました。
知らなかったです。これは大変。
(長くなるので続きは「More」)

More
[PR]
by sunra-cloudy | 2014-01-22 03:00 | 人物