人気ブログランキング |

Earl Palmer

アール・パーマー。
1924年生まれ(〜2008年)。ニューオリンズ出身のドラマーです。
セッション・ドラマーであり、
スペシャリティー・レーベルのハウス・ドラマーとして大活躍しました。
録音参加曲は数万と言われております。

スペシャリティーはニューオリンズにあったレコード会社で
1950年代のR&B、R&Rを語る際の最重要レーベルです。
ファッツ・ドミノ、リトル・リチャード、サム・クックが所属していました。

そのアール・パーマーの音源。



リトル・リチャードの映像。
ドラムはアール・パーマーですね。



それで、
いくら大活躍のアール・パーマーでも休みはあります。
あるいは、
ニューヨークでの仕事が忙しくなったのか、
アール・パーマーの代わりに、スペシャリティーでドラムを叩いていたのが
エド・ブラックウェル。

オーネット・コールマン/as、ドン・チェリー/tpとの共演が多く、
フリージャズ・ファンの間では有名なドラマーです。
マル・ウォルドロン/pやデビッド・マレイ/tsとの共演も知られてますね。
エド・ブラックウェルもニューオリンズの出身でした。

スペシャリティには
エド・ブラックウェルとアーロン・ネヴィルの共演音源が残っています。
ネヴィル・ブラザーズのアーロン・ネヴィルです。
後の2人からみると、フリージャズとR&Bで、接点がなさそうですが
ニューオリンズという土地柄ですね、接点はありました。

アーロン・ネヴィルのスペシャリティ(ベスト)盤CDには
共演音源が入ってます。
興味のある人は探してくださいね。
ネット上に音源はありませんでした。
by sunra-cloudy | 2014-08-12 17:27 | 音楽
<< Leon Thomas 渋さ知らズ@トネジャム >>